エロイプ体験談40代無職

10年程前から、出会い系サイトで寂しさを埋める生活を送っています。

私は23の時にお見合い結婚しましたが・・・相性は最悪で。夫婦らしい生活は、片手で数えても指が余ります。それでもまあ・・・生活費はしっかり入れてくれるので感謝はしていますよ。おかげで、自由な専業生活が出来ているわけだし。

でも、お金が満足させてくれるのは物欲だけ。私が“出会い探し”に走るまで、そう時間は掛かりませんでした。

とはいえ、実際に相手と会うことはありません。そんな“わかりやすい”不貞をすれば、いまの生活を失ってしまいますからね。基本ツールはメールで、一日一往復程度のゆるいメール交換を楽しんでいます。

それから、たまに・・・本当にたまにですけど、性欲に負けてしまうと『エロイプ』もします。

メール交換している方とすることもあれば、エロイプを取り扱うサイトで男性を誘うこともありますね。私はMなのか、知らない男性の前で乱れる“はしたない自分”に感じる癖があって・・・言葉攻めなどで凌辱されることが、特に好きです。

エロイプは、こちらが個人情報を渡さない限り「どこ」の「誰」か絶対にわかりません。だから、すごく大胆―いいえ素直になれるんです。私のようなMであれば、どんな相手ともエロイプを楽しめると思いますよ。

エロイプ体験談無職編

両親から遺産を相続した私が、はじめにしたことは退職でした。生活に困らない金があるのに、労働するなんて無駄ですからね。この歳ですが、結婚をする気はありません。いま結婚したところで、遺産を食いつぶされるのが落ちでしょうから。

でも、やっぱり男一人の生活は寂しいものですね。たまーにキャバクラや風俗へ行きはしますが、退職以来すっかり引きこもり体質になった私は、あの華やかさにストレスを感じるようになってしまい・・・足は遠のくばかりでした。

私は考えました。家を出ることなく女性と交流し、且つ性欲を解消する手段はないだろうか?―と。

探せば、あるものですね。かくして私は、すっかり『エロイプ』の虜になっています。

メールで交流して、エロイプに誘い・・・という方法は面倒くさいので、お金で都合をつけてくれる女性にお願いするようにしています。お金といっても一回5000円前後ですから、安いものです。

お気に入りの女性は連絡先を教えてもらい、定期的に連絡を入れるようにしています。向こうからすれば、私は金を落とす客。蔑ろな扱いを受けることはないので安心です。

最近は固定電話の使用をやめ、スカイプを使う様になりました。これ、ウェブカメラでの映像配信が可能なんですよ。一対一の通話であれば、局部を映そうがばれませんからね(笑)。声だけでは物足りない人は、私のような楽しみ方が向いていると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ